インターネット申し込み、安くお得にしたい!

画像

 

画像

 

top

画像

↑↑今すぐクリック♪↑↑

イチオシお得プロバイダはココ!【インターネット申し込みを制するなら】

画像

画像

画像

 

画像

画像

画像

 

画像

画像

画像

NTT光回線【インターネットを申し込む】

 

◆インターネットの申し込みの方法って?

 

新規でインターネット申し込みをするなり、既存のプロバイダーから変更するなりいずれにせよ、インターネット申し込みの手続き、手順はその回線の種類によって、細かいところが異なっています。

 

まず例として、日本全国で広い範囲をカバーしている固定回線の主役、NTTから提供されている光回線について見てみましょう。

 

画像

 

NTT光回線を利用したインターネットに申し込むには、大きく分けて東西NTTに直接申し込むか、居住地域でサービスを行なっているプロバイダーから申し込むかの2択になります。

 

それぞれに一長一短があるのですが、簡単にまとめればNTTから申し込む場合は、契約期間などの縛りがなく、プロバイダ変更などがスムーズである、途中で料金などが変動しないというわかりやすさという利点があり、プロバイダから申し込むと各種キャンペーンの適用で合計がお得になる、プロバイダごとの特色あるサービスが利用できる(パッケージサービスでのみ提供しているオプションなど)といった利点があると言えます。

 

それぞれに利点がありますので、自分の使い方に合った方を選べば良いのですが、大体の場合は各種キャンペーンの特典・割引を重視してプロバイダーからインターネット申し込みをする人が多いでしょう。

 

またこれに付け加えて、プロバイダー比較サイトから申し込むという方法もあります。こちらは更に多くのキャンペーン特典がつくことが多いのですが、速度プランや契約期間など、更に多くの制約も付きます。

 

 

◆エリアを確認する重要性

 

基本的な考えとして自由度は、「直接>プロバイダ>比較サイト」になり、1〜2年の費用は「比較サイト<プロバイダ<直接」と認識しておけばよいでしょう。

 

画像

 

NTT回線は、かなりのエリアをカバーしていますが、それでも郊外、山村などになれば光ファイバーが届いていない地域というのはいくらでもあります。

 

申し込んだは良いが実際は使えなかったということを防ぐために、どの経路で申し込む際にも必ずエリアチェックはされるようになっています。(電話番号か郵便番号か地図での指定) 当然ですが、このエリアチェックでダメな場所は申し込んでも無駄です。チェックには正確なデータを入力して、自分のところで利用できるかどうかを確かめましょう。

 

なお、現時点では利用できないエリアでも、エリアチェック結果表示画面で利用したいという意志を伝えることで、ライン整備の優先度が上がっていきます。

 

全くの山の中では望み薄かもしれませんが、後少しというエリアならこうした意思表示がエリアカバーを早めるはずですので、しっかりエリア拡張希望を伝えておきましょう。

 

画像

↑↑今すぐクリック♪↑↑